【コストコ】国産品さくらどり 筋きりささみ

広告



国産品さくらどり 筋きりささみ

コストコではお馴染みの鶏肉といえば、さくらどり。

各部位ごとに真空パックの状態で販売されています。今回は筋きりささみについて詳しく書いて行こうと思います。

お値段などはその都度変わるんですがだいたい1800円台後半という感じかな。

ささみも2.4キロなので、2000円を超えてもグラムあたり80円台に収まるのでかなりお買い得だと思います。ササミって安売りする時はめちゃくちゃ安くなってますが基本はいつもグラム120円あたりだと思うので。

しかも!!コストコのささみは筋が切った状態で売られているんですよ!!!

ここ!ここ注目!!

筋が切れているということは?このまま使えるという事です。

面倒くさい筋切作業がいらない。なんということでしょう。

折りたたまれているパックを広げると

こんなに沢山ササミがあったら筋切るのにどれだけ時間を取られるか…

でも心配ありません、コストコのさくらどりササミは筋が切れている。素晴らしい。

【広告】

個体差あり

全体で2.4キロなので、ササミ一本一本の個体差は結構あります。

こんなぷっくりしたササミもあれば…

このくらいのもある。もう少し小さいのも交じっています。

スーパーのトレイに並べられて売られているのはあまり大きさに差はないんですが、真空パックでギュっと詰まっているので大きさはまちまち。

お肉の大きさを活かした料理を作る時は同じくらいのササミを選んで調理するなど工夫が必要かもしれません。

が、そこまで極端には違わないので私は気にせず使っちゃうかな…

厚みはこのくらい

ぷっくりしていて美味しそう。

しっかり厚みもあるので薄く広げて中にチーズや大葉を挟んでフライにしたりしても良さそう。

筋切してないササミを自分で処理しようとするとせっかくのぷっくりした厚みが台無しになってしまう事もしばしば。っていうか私は筋取りが苦手なのでもう自分ではやりたくないです(断言

筋切りと筋取りは厳密にいうと違うみたいなんですが、コストコのさくらどりササミの「筋きり」はおそらく太い筋を一本一本カットしてあるという意味なんじゃないかなーと。というのも、お肉内部のうっすらとした筋は残ってるんですよね。

残ってはいるけど食べる分にはそんなに気にならない程度なので充分です。

丸ごと茹でて身をほぐしたりしていると、筋の部分が残りますが、ほぐさずそのまま食べちゃう分には気にならない程度です。焼いたり揚げたりする分にはほぼ気になりません。

太い筋だけ無くなっているだけでこんなに違うもんなんですね。

あ、だから筋取りささみじゃなくて「筋切り」なのかな?太い筋だけカットしてあるという意味なのかも。

名称の違いはさておき、筋を気にせず使えるササミはホント、手間いらずでありがたいです

【広告】

冷凍保存について

続いて冷凍保存の仕方について書いて行こうと思います。

今回はカットして下味を付けてから冷凍する用と、そのままラップをして冷凍する用と分けました。

もも肉やむね肉は一枚が大きく解凍に時間がかかってしまうので、なるべくカットしてから冷凍するんですが、ササミは一本一本が小さいのと、そのまま茹でて調理する料理でも充分美味しいので下味を付けないまま冷凍しています。

そのまま冷凍

ささみ3本をラップに並べただけ。

この状態でジップロックに入れて冷凍します。

3本なのは二人暮らしの一回食べ切りの目安。自然解凍か電子レンジの解凍モードで解凍してから沸騰したお湯に酒と生姜を少し加え、ササミをドボンして茹でます。

身をほぐして冷奴に乗せたり、キュウリとポン酢で和えたり、あと一品欲しい時に便利。

ゆで汁はそのままネギや溶き卵を加えればスープになります。さすがにササミを茹でただけだと出汁も薄いので創味シャンタンをプラスしたりなんかして。

あとは、そうだなー、普通にチャーハンとかピラフの具とか、刻んで炒めるのにも使えます。

下味を付けてから冷凍

お次はカットしてから下味を付けて冷凍する方法について。

調味料はこんな感じです。

キユーピーのサラダソルト、スパイス各種、おろしにんにく、塩、酒。

にんにくはチューブのを切らしていたのですりおろしました。面倒くさかったのでチューブがあればチューブをおススメしたい。

適当な大きさにカットした筋きりササミをジップロックに放り込み、下味を付けていきます。

今回はスパイス風味とレモンソルト風味を作ることにしました。

どちらもジップロックに調味料を入れたらよーく揉みこんで味をなじませてから冷凍しましょう。

こちらはサラダソルトとハーブミックス、塩、ニンニク、酒が入ってます。

さっぱり洋風な感じ。フリッターにしてもいいし、グリルパンで焼いても良さそう。

こちらはスパイス風味。

スパイス各種(今回はガラムマサラとクミン)、ニンニク、塩、酒が入ってます。

普通にカレー粉でもいいと思う。

解凍後にヨーグルトを揉みこんでタンドリーチキンっぽくしてもイケるし、衣をつけてフライやフリッターにしても美味しいはず。

ラベルに日付と種類を書いて冷凍

達成感!!!

ここまでやっておけば未来の自分が感謝してくれるに違いない。

基本的に私は豚肉は素材のまま冷凍して調理する時に味付けを決めたいんですが、鶏肉の場合は下味を付けておいて調理の方向性をある程度決めておいた方が使い切れることが判明しているのでこの方法に落ち着いてます。

解凍したらすぐ調理に入れるのが便利かなーと。

とにかく調理する時の事を考えて自分にとって一番使い勝手がいいのはどんな方法かなーと考えてます。

今のところはコレがベストかな。

ベストは常に更新されるものでもある。

活用例

コストコのさくらどり筋きりささみを使った料理など

ピカタ

お弁当のおかず用に作ったピカタです。

卵とチーズの衣にくぐらせてフライパンで焼いただけ。

これは生の状態で作ってます。

ささみはもも肉と違って火が通りやすいので焼き目が付いたらOK。

さくらどりのササミは身がとてもやわらかくてジューシーで美味しいんですよー!

なるべく冷凍はしたくないけど、弁当や夕飯でいかに手を抜くかを考えると下味を付けた状態で冷凍しておくのがベストなので致し方なし。

この日のお弁当はこちら↓

【コストコクッキング】さくらどりササミのピカタ弁当
#弁当LOG 20180422 ささみのピカタ きのこソテー ピーマンのレモンソテー ゆで卵 トマトチ...

当然買ってきたものを最初から全部冷凍するわけではなく(笑)

一部は生のまま調理してます。もちろん。

他にも献立ブログを更新したら追加します。