【コストコ】USAビーフ ショートリブ焼肉用

試食で食べてみて美味しかったので購入しました。

焼肉用と書いてありますが、結構厚くて一枚が大きいです。

ショートリブはリブというからにはバラ肉でいいと思います。焼き肉だと上カルビ。まさに焼肉用のお肉というわけ。

スポンサーリンク

USAビーフ ショートリブ焼肉用

100グラムあたり498円と、この辺りは変動がありそうなので、あくまでも参考程度にしていただきたく。

試食で美味しかったので値段をよく見ないで買ってしまったんですけど、そんなにお得感はないですね(笑)

とはいえコストコで節約しようとかそういう考えはまるっきりないので特に気にしません。

1パック1キロ入っていないので比較的買いやすいと思います。

グレードは「チョイス」です。パッケージに貼ってあるシールでわかります。

U.S.D.AはUnited States Department of Agricultureの略なんで、要するにアメリカの農務省が定めてる基準に基づき格付けされているって事でいいのかな、おそらく。

食べやすい大きさにカット済み

「焼肉用」と言うだけあって使いやすいサイズにカットされています。

が、日本の焼肉とはやはりスケールが違う用で、アメリカサイズの焼き肉用ですね。

一枚が大きい。

普通にこれ、ステーキですって出てきても「そっすね」と受け入れてしまうサイズ。

上カルビだけあって結構見た目にも脂身が目立ちます。美味しそう。

赤身が好きな人はもしかしたらちょっと油っぽいかもしれない。好みの問題かな。

1枚の大きさ

1枚でこの大きさです。

焼くときはトングがいりますな。

焼いてからカットするのかな…

とりあえず「焼肉」のていで用意した皿にこれ一枚乗せるのはおそらく無理。

焼き肉のタレも小皿では対応できないと思う。

とりあえず日本式の「焼肉」の概念からは切り離した方が無難です(笑)

肉の厚さ

厚さもけっこうあります。5ミリは軽く超えてきてる。7~8ミリはあるかな。

これは食べごたえがありそう。

ただ、筋部分を綺麗に断裂してカットされているので、赤身と脂身のバランスは良いと思います。

大きすぎるので適当にカットしました

せっかく「焼肉用」なので焼肉にすることにしました。

流石にこの大きさ1枚を焼いて食べるのはなー、と思ったので、1枚を3枚くらいにカット。

削ぎ切りにしています。

焼いてみた

卓上コンロに鉄板焼きプレートを乗せて焼き肉をしました。

ひっくり返してもう一度塩胡椒。

厚みがあるので、しっかり目に焼いてみましたが、すっごく柔らかい!

お肉美味しい…

厚みがあるのに肉の繊維が繊細で歯でサクッと噛み切れちゃいます。

せっかくなので切らずに焼いてみた

うまい。

焼肉最高。

カルビ好きにはたまらない。

ただ、食べ過ぎるとやはり脂がきになるかな。そりゃバラ肉だもの仕方がない。

赤身好きさんにはちょっとくどいかもしれませんが、カルビ好きさんは充分満足いく肉質だと思いました。

とはいえ、けして脂っぽいわけではないですよ!

私、いわゆるお高い和牛の上カルビは1枚で脂にやられてギブアップしてしまうので…。高ければ高いほど脂が気になって食べれなくなってしまうという…

それに比べるととてもバランスのいい肉質だと思います。食べごたえもあるし。

そしてこれ、タレに付け込んでから焼き肉にしたら相当旨いだろうな…

と思ったので、冷凍保存する際には焼き肉のタレで下味を付けてからジップロックへ。

大きいサイズのジップロックにこんな風に入れて冷凍しました。

液体が固まると一枚の板みたくなるので、冷凍前に半分に折ってから冷凍してます。

相すれば半分ずつ取り出して使えます。

ステーキもいいけど手軽に焼肉食べたい!という時にはちょうどいいUSAビーフショートリブ焼肉用でした。