ごはん日記 晩ごはん

野菜とベーコンのスープの献立

投稿日:2017-11-26 更新日:

野菜とベーコンのスープの献立

ロティサリーチキン絶賛消費中。

https://kerurun.net/2017/11/30/post-667/

もも肉はアレンジするよりそのまま骨付きでまるかぶりした方が美味しいと思いました、まる(日記)

というわけで、初日にモモ肉を食べなかったのでこうして後日のメイン料理に鳥のモモ肉を据えてみました。

野菜とベーコンのスープの献立

#夕飯LOG 20171123

メニュー

  • 野菜とベーコンのスープ
  • ロティサリーチキン
  • マカロニサラダ
  • ディナーロール

これだけでもかなり豪華なメイン料理ですよね。

もちろん買ったその日に食べても良いんだけど、我が家では解体後の骨の周りについたお肉を夫氏がこそぎ落として食べるのが好きと言っているのでその部分をお願いしてもも肉は後回しになるのがお決まりになりそうですね。

骨の周りって美味しいんだって。ぼんじりとかなんとか。私は面倒くさいのでほとんど食べないけど。

あとでスープを取りたかったので本体の骨周りのお肉はナイフとホークで器用にこそげ落として食べてくれました。それでも結構な量がこびりついてたみたいでモモ肉まで到達できず。

もも肉部分

丸ごとモモ肉。一人一個づず。左右ってことね。

モモ部分の骨を外しながら食べるのはちょっとどころかかなり面倒くさいのでこれは骨の部分を持ってそのままかぶり付きました。

電子レンジで軽く温めたけどしっとりジューシーなまま。充分美味しく食べれます。

もも肉はアレンジするよりそのまま食べた方が良さそう。

スープ

スープは家に合った野菜で適当に。

玉ねぎと人参とエリンギかな。あとはベーコン(アップルベーコン)入れて圧力鍋に放り込んでおしまい。味付けはベーコンが塊の物を使っているのでブイヨンとかは要りません。充分おいしい出汁が出るよ。塩胡椒とハーブ的なもの、この日はイタリアンハーブミックスとかなんとかそんな感じのを入れました。

うっすいベーコン使う時はブイヨンちょっと入れた方が良いかも…

圧がかかってシューシュー言ったら弱火にして10分加圧、圧を抜いたらできあがり。

圧力鍋はラゴスティーナのものです。

白くて丸いやつはモッツァレラチーズです。これもコストコに売ってるやつで、このちっこいやつが3個で1セットみたいなパッケージになってるやつ。

普通のモッツァレラチーズより賞味期限が長い気がするので最近はもっぱらこれ。水に浸ってない分賞味期限が長いんだろうなー。

食べ切り梱包なのはありがたい。コストコなのに(笑)

こんな感じでざっくり。

水は材料にかぶるくらい。野菜からある程度水分が出るのと、圧力鍋で煮ると水分がほとんど飛ばないためです。増えることはあっても減ることはないです。この辺は何度か調理してみて感覚を掴んでみてね。

普通の煮込み料理だとどうしてもじっくりコトコトやってるうちに蒸発してしまうんで、水が少ないかなと思うくらいで大丈夫だと思う。少なくても圧力で蒸し煮状態になるんでむらなく火が通って柔らかくなりますよー。

後からお湯足してもいいしね。

いやー、圧力鍋便利。凝った料理とかより、こういうバッと入れてガっと作れるスープ料理に向いてると思います。じっくりコトコトする暇ないけど中までしっかり火が通ってやわらか~くなった野菜のスープ食べたい人は圧力鍋使ってみてね。

圧力鍋で煮ると、見た感じ形はしっかり保ってるけど野菜の繊維がとろ~っとなるくらい柔らかくなってます。人参とかスプーンでつぶせちゃうくらい。

ただし、ジャガイモはメークインでも10分以上圧力かけると溶けてなくなっちゃうので注意。男爵とか跡形もなく消えます。

メークインの他にもシンシアとかホッカイコガネなんかは加圧時間を調整すれば大丈夫かな、かなり大きめに切ってポトフに入れるなら煮崩れない系のジャガイモでも圧力鍋で煮て大丈夫。

作り置きしておいて何日かかけて食べ切るようなスープには基本的にジャガイモは入れません。何度か温めなおすと絶対解けるし。ざらつきが好きではないので。大丈夫な人はお好きにどうぞー。

 

 

 

関連記事と広告

  • この記事を書いた人

門乃ケルコ

雑食のぬるいおたく。好物は蜂蜜と小麦粉、北欧メタル、忍者先生。 趣味はコストコでのまとめ買いとブログ執筆。スマホで適当に写真を撮る事。 料理はそれなりに。基本はいい加減のズボラー。 「おおまかな暮らし」を推奨

-ごはん日記, 晩ごはん
-, , , , , , ,

Copyright© ケルベロスの巣 , 2019 All Rights Reserved.